リバースの犯人は誰?蜂蜜の意味は?最終回ネタバレの結末が衝撃!

こんにちは!どんまきです(・ω・)ノ

 

今期ハマっているドラマ、

『カルテット』と『東京タラレバ娘』が

もうすぐ終わっちゃうと思うと
寂しいです(/_;)

 

『逃げ恥』ロスで、
ほかのドラマなんてイマイチだなー
なんて思ってたくせに
続けてみてたら
やっぱりおもしろかった♪

 

なので、4月からのドラマも
気持ち切り替えて
楽しみにしていこう、って。

 

調べてみていたら、
かなり気になるサスペンス系
ありまして!

 

『リバース』なんですけど、
サスペンスなんで(さっきも言ったが)
毎回、最終回まで
目が離せなくなりそうなんです!!

※4月TBS金曜ドラマ、22時から放送です!

 

今日は、ドラマ『リバース』について
気になる“犯人”について
調べていきたいと思います!

        スポンサーリンク

リバースのあらすじやキャスト相関図は?

まずはどんな俳優さんが出演していて
どんな役柄なのかみてきましょう。

このなかに“犯人”が・・・( ゚Д゚)

キャスト相関図

リナーす

深瀬和久(32)  / 藤原竜也

「ニシダ事務機」営業部勤務。物語の主人公。自分には価値がないとコンプレックスを抱いている。大学のゼミで知り合った自分と同じ地味グループの広沢は、人生で初めて出来た親友だった。
現在は珈琲専門店で知り合ったパン屋に勤める美穂子という恋人ができ、結婚も視野に考えている。ところが、美穂子の元に「深瀬和久は人殺し」という謎の告発文が届いて…。
告発文の犯人を探すため、再び広沢の事故と向き合うことに。そのなかで、当時隠されていた数々の秘密を知ることになる。

越智美穂子(30)  / 戸田恵梨香

深瀬の恋人・「グリムパン」勤務。地味だが、美人で、慎ましい性格。大手のパン屋に務めている。行きつけのコーヒー店で深瀬と運命的に出会い、付き合うように。売れ残ったパンを、深瀬のアパートで彼のいれた珈琲で食べる時間がささやかな幸せ。

浅見康介(32)  / 玉森裕太

深瀬のゼミ仲間・高校教師。何事にも正しくストイックな性格。学生時代は派手グループに属していた。現在は高校に勤務。容赦ない生徒指導で、生徒や保護者とのトラブルは絶えない。広沢の死に責任を感じ、 10年経った今も禁酒をしている。告発文が届いた後、深瀬と事故の真相を調べることになる。

広沢由樹(22)  / 小池徹平

深瀬の親友・ゼミ仲間。深瀬のたった一人の親友。旅行中行方不明になり、半年後に崖の下から白骨化遺体が発見される。事件性も疑われたが、事故として処理される。深瀬は広沢を地味グループに属していると理解していたが、広沢のことを調べて行く中で、誰も知らない顔が次々と現れてくる。

村井隆明(32)  / 三浦貴大

深瀬のゼミ仲間・県議会議員秘書。政界のサラブレッド。現在は議員である父の秘書に。父の地盤を引き継ぎ選挙に立候補する日を待ち望んでいるが、偉大な父に認めてもらえず歯痒い思いをしている。性根は純粋で、父からのプレッシャーに苦悶する。有力議員の娘を嫁にもらい円満を振る舞っているが…。

谷原明日香(旧姓:村井)(27)  / 門脇麦

村井の妹で谷原の妻。村井の妹。当時、広沢のことが好きだったので、旅行にも強引に参加。 礼儀作法も身についた名家育ちのお嬢様だが、活発で言いたいことははっきり言うタイプ。大学卒業後、アプローチされていた谷原と結婚。現在は良き妻、良き母として家庭を守っている。

谷原康生(33)  / 市原隼人

深瀬のゼミ仲間・大手・九条物産社員。“みんなで行こうぜ”が口癖で、人を分け隔てなく誘う、ゼミのリーダー的存在。大学時代から好きだった村井の妹と結婚し、現在は一児の父。一浪して有名大学に入学したが、社会人になって挫折。上司のパワハラを受けて、会社に居場所がないが、妻には言えないでいる。

小笠原俊雄(65)  / 武田鉄矢

元長野県警のフリージャーナリスト。広沢の失踪事件の担当刑事であり、10年前の事件で人生が変わった1人。白骨遺体が発見されてからも、事故で処理しようとする上司に対して「事件性がある」と執拗に主張したために僻地に飛ばされる。のちに退職。なぜか今でも事故の真相を追い、深瀬たちに近づく…。

 

玉森裕太が32歳で、
藤原竜也と同級生の役・・・
小池徹平は、大学生で

亡くなっちゃう役だから
22歳のまま・・・
あまりそこらへんは気にせず、

俳優さんの演技力に期待!

あらすじ

主人公は深瀬和久(藤原竜也)32歳。有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、 普通の人生を送ってきた。
物語は彼の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところから始まる。その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友・広沢由樹(小池徹平)の死と向き合うときが来たと直感するのだった。 10年前の冬、大学のゼミ仲間:谷原康生(市原隼人)浅見康介(玉森裕太)村井隆明(三浦貴大)と、村井の妹:明日香(門脇麦)で行ったスノボ旅行中に不審な事故死を遂げた広沢。しかし──、この事故には隠された大きな『秘密』があった。この『秘密』を共有した谷原、浅見、村井にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかる。
深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意する。
10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは──!?

タイトルは、英語でreverse「逆」「反転」の意味をもち、同時にrebirth「再生」「復活」を表している。このドラマは、視聴者の目線を毎回「リバース」させ、事件や事故の真実を「反転」させるミステリーであり、また亡くなった親友・広沢を軸に登場人物たちが友情や絆を「再生」させていく上質な人間ドラマでもある。
また、若者の目線だけでなく、あの日これは事故ではないと直感した刑事・小笠原(武田鉄矢)の見る「偽り」と「真実」、息子の死を未だ受け入れられない母・広沢昌子(片平なぎさ)の「葛藤」と「赦し」という親目線の反転と再生も描いていく。

なんか、2013年の
NHKのドラマ、

『激流』

を思い出した!

 

田中麗奈、ともさかりえ、
桐谷健太、山本耕史、
国仲涼子が
同級生として出演していて。

 

この同級生たちのもとに
10年位前の「失踪事件」について
不可解なメールが届くんだけど、

そのメールを送り付けてた
“犯人”は失踪した少女の
母親(田中美佐子)だったんですねー。

最後にわかったときは
かなりゾッとしました。

でも理由が、
「娘のことを思い出してほしかったから」。


激流(上) [ 柴田よしき ]
激流(下) [ 柴田よしき ]

 

だとしたら、広沢の母・片平なぎさも
怪しくなってきますねー。

いずれにしろ、
事件のこと、その後の同級生たちのことも
現在はどう思ってみているんだろう・・・

 

このリバースにも原作の
小説があるんですね。

湊かなえの小説です。


リバース [ 湊かなえ ]

湊かなえといえば、
映画『告白』やドラマ『Nのために』
で、かなり有名だと思います!

『Nにために』はかーなーり
おもしろかったです!
まさかの最終回だったし・・・
でも最終回までの展開、

俳優さんたちの演技が
おもしろかったんです。
『告白』は予告動画をみて

気になってたけど
恐そうでみてません・・・
なんか、子どもがでてくるとかって

(芦田愛菜ちゃんが殺される役?)
ちょっと気分があまり
よくないのでみれず・・・

 

なので、湊かなえが
作ったものは、けっこう
最後まで結末がわからなくって
ドキドキしながら
みちゃうんです!

原作の結末ネタバレは?

原作での犯人は、

・深瀬たちに告発文を送り付けていたのは、美穂子

・広沢を死なせてしまったのは、深瀬

だそうです。

ドラマでいう、戸田恵梨香と
藤原竜也にあたりますね。

 

美穂子は広沢の生前、
交際していた過去があって、
深瀬に近づき、真相を調べたい、
広沢のことを忘れないでほしい、
という理由から、手紙を
送り付けていた。

このあたりはさっき話した
「激流」と似ている!
事件を忘れたかのように
生活している
みんなが
許せなくなっちゃうん
だろうね。

 

問題は、

深瀬はなぜ、どうやって広沢を死なせてしまったのか。

 

これは、深瀬が入れた
“コーヒー”に入った
蜂蜜。

それは蕎麦の蜂蜜で、
蕎麦アレルギーだった広沢は、
運転中にショック症状を
起こして、事故死してしまった。。。

という内容になっていました!

 

ですが、ドラマなので、、、

ドラマだけのオリジナルストーリーを
期待しています!

 

犯人が最初からわかっちゃって
みてたら、おもしろくないですもんね(´-ω-`)

スポンサーリンク