下田裕太(青学)の出身中学や高校は?進路や彼女も気になる!

こんにち!どんまきです(・ω・)ノ

 

記憶に新しい2016年2月28日の
東京マラソン2016で、
マラソン10代日本歴代新記録を
更新した下田裕太選手。

一躍、注目選手となりました。

その下田裕太選手は
現在青山学院大学に在学中で、
陸上部で活躍しています。

また、その一方アニメオタクで、
明るいキャラでも知られています。

下田裕太選手とは一体どんなタイプなのでしょか。

今日は、下田裕太選手のプロフィールや
陸上と趣味のアニメとの関係についてまとめてみました♪

スポンサーリンク

下田裕太Wiki風プロフィール!

下田裕太 
日本の陸上競技選手(専門は長距離)
出身地:静岡県小山町
生年月日:1996年3月31日(20歳)
身長:169㎝ 
体重:53㎏
出身中学:小山中学校卒業
出身高校:加藤学園高等学校卒業
出身大学:青山学院大学人間教育科学部 在学中

愛称は、下P(しもぴー?)、
ご家族は両親と姉と兄との情報があります。

 

中学時代に長距離選手としての才能が開花し、
高校は全国高校駅伝で8位入賞するほどの
強豪校、加藤学園に入学しました。

 

高校では特進部にいたので、
勉強と陸上を3年間両立していたそうです。

 

3年生時は主将を務め、加藤学園史上初めて
出場した全国高校駅伝では3区を出走しました。

現在、青学陸上部で活躍中です。

       スポンサー リンク

青山学院大学入学後の陸上成績

2015年1月、1年生で迎えた初めての
箱根駅伝では16人のメンバーには
選ばれましたが、出走の機会はありませんでした。

 

2ヶ月後の日本学生ハーフマラソンでは、
同期の田村和希選手とともに1時間22分22秒
タイムでジュニア日本歴代4位の好成績を出しました。

今年初出場を果たし箱根駅伝では、
復路8区で区間賞を獲得し、
青学の2連覇に貢献しました。

そして、2016年2月28日の東京マラソンに出場し、
2時間11分34秒で総合10位、
日本人では堂々2位となり、
マラソン10代日本歴代最高記録を更新しました。

東京マラソンでその実力を発揮しましたね。

アニメオタクの真相

東京マラソン後、メディアの取材に対し
趣味はアニメで、ゲームソフト
「アイドルマスター」のファンと
カミングアウトしました。

アイドルマスターとは、
アイドルプロデューサー体験ゲームです。

 

その中のレジェンドヒーローが大好きで、
好きな声優は伊藤美来さん。

コミケが行われる東京ビックサイトは
憧れの場所だそうです。

また、「アニマス(アイドルマスターの略)
のお陰で陸上を続けられて、
陸上によって存在意義が感じられている」
と語っています。

この発言の結果、アニメオタクと
認識させてしまったのでしょう。

こんなユーモアたっぷりで明るい
キャラクターの下田裕太選手は、
女性ファンの多いようで、
箱根駅伝優勝後はファンレターが増えたようです。

気になる現在は彼女はいないようですよ。

 

Twitterでもアニメの話題がいっぱいですが、
いつもアニメのことばかり
取り上げられることに少し困惑しているようです。

マラソンといえば、寡黙で努力家という
イメージですが、下田裕太選手は、
厳しい練習にも明るく取り組み、
努力を続けているのだと思います。

そのギャップもいいですね。

来年の箱根駅伝は去年箱根を経験した
メンバーが6人の残っていて、
青学の3連覇もあり得ます。

下田裕太選手は何区を走るのでしょうか。

 

大学卒業後の進路は未定ですが、
これからも実業団でマラソンを続けて欲しいですね。

また、10代日本最高記録を
持っていることから、
東京オリンピックでのマラソンでも
注目が集まっています。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

管理人 :どんまき(・Д・)ノ



居住地 :東北のどこか
年齢 :アラフォー女子
悩み:とにかく眠いこと、脚のむくみ
座右の銘:急がば回れ、元気があればなんでもできる(๑•̀ㅂ•́)و✧

出産を機にナースを辞職。
気になることを調べてまとめたり語ったりしているブログです♪

よろしくおねがいします^^♪